知ってた? 交通機関の普通席と高額な席の違い

ゆったりスペースで移動できる

旅行の移動手段として欠かせない鉄道や航空機では、グレードが異なる座席が用意されているのが通例です。グレードが高い座席ほど運賃も高くなりますが、どのような違いがあるのでしょうか。交通機関を経営する会社によってサービスの詳細は異なりますが、高額な座席ほどゆったりとした空間が与えられると考えてください。座席の幅が広く、肘掛けも大きくなるのが基本です。また、前の座席との間隔も広くなるので、足をのばして座ったり、となりの人の邪魔にならずに通路に出られたりします。飲食物の提供にも差があり、選べるメニューの種類が多かったり、特別なメニューが用意されたりすることもあります。高額な席ほど乗務員ひとりが担当する客の数が少ないので、問い合わせたいことがあったときに迅速に対応してくれるのもメリットです。

高額な座席を利用する価値はあるか?

高額な座席ほどサービスが充実する傾向にあるのは間違いありませんが、利用する価値はあるのでしょうか。人気があって予約を取りにくいこともありますが、なるべく安く移動したいと考える人なら過剰なサービスだと思うかもしれません。移動よりも旅先での体験にお金をつかいたいと考える人は決して少なくないからです。普通席と高額な席を選べるのであれば、移動時間が長いときには片道だけでも高額な席を使う価値はあるかもしれません。目的地に到着しただけで疲れてしまうとしたら、旅を楽しめなくなってしまいます。また、同行者に子どもや高齢者がいるときも価値がありそうです。特別な交通機関に乗ることが思い出になるでしょうし、高齢ほど空間のゆとりが肉体的な負担を軽くします。

フラマイレーツについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です